様々な車種について

2013年12月26日 / 未分類

kansou

 

環境省、国土交通省、経済産業省が、電気、メタノール、圧縮天然ガス (CNG) 、ハイブリッドの自動車を指して低公害車と言います。考え方は石油の代替です。

 
さらに政府の低公害車普及計画の「低排出ガス認定かつ低燃費車」では、LPGの貨物車・バス・特種車、ディーゼル代替のLPG車が加わりますが、より低公害のガソリン車は除外されています。

 
また石油代替法で、ほとんど存在しないメタノールが加えられ、CNGと差がほとんどないLPGと燃料電池車が外れます。しかし従来燃料でも排出ガス性能により低公害車とされます。

 
海外では、電気、アルコール、天然・LPG、水素・DMEで、排出ガス性能が一定のレベルであることが一般的です。
車種は、代替エネルギーである、アルコール系、CNG、 LPG、水素、DMEがあります。またこれらと従来燃料の併用をバイフューエルといいます。

 
モーターで走る電気自動車として、燃料電池自動車があります
内燃機関とモーターを併用するハイブリッド自動車があります。

 
フランスには、空気をタンク詰め込みエンジンを動かす圧縮空気車があます。

 
中国ではジメチルエーテルと言うLPGに化学構造が似た物質を使うエンジンが研究されており、古くはスターリングという外燃機関もあります。少し前にテレビ番組でソーラーカーが日本一周をしていました。

 
しかし低公害車は、走行に必要な環境を指している場合が多く、製造や廃棄の過程で、従来のガソリンやディーゼル車より多くの温室効果ガスや大気汚染物質が排出され可能性があります。

 
つまり包括的な見方をすると必ずしも、低公害車の必ずしも環境負荷は低いとは言い切れません。

 

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る