ハイブリッド車について

2014年1月24日 / 未分類

kansou

 

ガソリン代が高騰し、燃費の良いハイブリッド車が日本では大人気ですが、ハイブリットシステムのことをあまり理解しないまま購入している人も少なくないようです。

 

そもそもハイブリットとは2つの別のものを組み合わせて、ある目的を達成させることを言います。

 

車のハイブリットシステムというのは、車を動かすという目的のために、通常の燃焼エンジンと電池によるモーターとを組み合わせた車のことを言います。

 

ハイブリットカーの草分けといえば、トヨタのプリウスになります。初代プリウスが発売になったのは1997年のことで、世界初の量産ハイブリットカーでした。

 

発進時などのガソリンを大量に消費するときにモーターを使い、高速などモーターでは動力が足りなくなると、ガソリンエンジンがそれを補うという仕組みで、驚異的な燃費を発揮しました。

 

発売当初は話題になりましたが、販売面では、今ひとつでした。理由は価格の高さにありました。

 

しかし、その後、ガソリン代の高騰や国が燃費の良い車に減税や補助金を出したことから、またたく間に大ブームとなり、現在に至っています。

 

現在ではプリウスよりも燃費のアクアや、ホンダからインサイトなども発売され、ユーザーの選択肢も広がっています。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る