エコカーと通常の車の燃費やコストの違いとは

2014年1月24日 / 未分類

kansou

 

今最も売れている車というのは、燃費の良いエコカーと呼ばれる車です。

 

ガソリン代が高騰していることを考えれば当然の成り行きかもしれません。

 

そのために、各メーカー同士の燃費競争が激しさを増しています。先頭を行くのはトヨタです。

 

いち早く量産ハイブリットカーを市場に投入し、他のメーカーの数年先を行っている感があります。

 

プリウスやアクア、カムリ、SAIのようなハイブリット専用車もあれば、既存の車をハイブリットにしたものまで、その数は15車種近くにもなります。

 

トヨタの後を追うのはホンダで、インサイトやCRZなどの個性的なハイブリットカーもあれば、フィットをハイブリットにしたタイプも人気となっています。

 

さらに、マツダや軽自動車のメーカーなどは、あえてハイブリットシステムをとらないで様々な改良を重ね、ハイブリットカーに勝るとも劣らない車を作り上げてきています。

 

では、実際に走ってみての使用感はどうなのでしょう。

 

最初プリウスが登場したとき、パワー不足が指摘されました。

 

しかし、今のハイブリットカーはパワーも十分あります。

 

モーターと燃焼エンジンのダブルの動力源を持っているのですから、本来は強烈なパワーがあるのです。

 

結果的には普通の車と比べても違和感なく乗ることができるようになっています。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る